GMSの最先端技術が可能にした
Fintech × IoT × モビリティの融合

まずは第一弾
クルマを買えない世界の20億人を救うGMS プロジェクト始動
~与信と環境問題をIoTの力で解決する~

誰もがクルマを利用できる社会と、社会がクルマを利活用できる仕組みを提供します。

独自開発の遠隔起動デバイスMCCSを通じ様々なモビリティ普及のお役に立てるサービスを実現したいと考えています。
これまで、実現する事が不可能であったグローバルレベルでのモビリティファナンスのあり方を変えることに私たちはチャレンジしています。
世界中には自動車を販売したい企業がいれば、購入したい方々がいます。自動車を使用させたい企業もいれば、利用したいユーザーもいます。
しかし、これまでの仕組みではリースやローンといったモビリティファナンスが利用できない方々は世界中に20億人いると言われ、多くの国々では経年劣化した車両の使用を黙認するしか術がなく、地球環境レベルで交通部門に於ける騒音や排気ガス問題は深刻を極めています。私たちの実績をもって、世界中のファイナンス企業の皆さまにパートナーになっていただき、多くの方々に安心して利用いただけるサービスモデルを築き上げていきたいと考えています。

私たちの技術とサービスとでこれまでのモビリティファナンスの世界を変えたいと考え、画期的なデバイスを開発し、そして蓄積された情報を瞬時に価値化し、金融機関や情報利用者はもとより車両利用者にも情報還元するためのIoTプラットフォームを完成させました。
一億層活躍時代に不可欠な、誰もが自動車を利用できる社会をGMSは実現してまいりたいと考えています。

私たちのIoTプラッフォームによりクラウド上に蓄積したビックデーターを、分析し社会に求められるカタチで情報提供を行っています。
特にファイナンス企業が必要とする利用者の車両利用状況(業務時間・売上・顧客評価・危険運転・支払い状況等)は、利用者に新たな金融サービスが提案されることになると考えており、AIを用いその精緻化された情報は、より良い社会を作るベースとなる豊かな生活環境を提供できるものと思っています。

様々な制御方法によりエンジン起動制御及び多様な遠隔制御が可能
多彩なインターフェイスを搭載し、
あらゆる車両情報のセンシングを実現
自動車やバイクを始め、建機、農機等多くの機器に後付けで搭載可能

日本での展開

一億総活躍社会をGMSプラットフォームで支える

これまで年間で約190万人の方々はローンやリースの審査に通過することができませんでした。ラストワンマイルの担い手不足など、モビリティを通じて活躍する人々をサポートする仕組みづくりが不可欠になっています。私たちはモビリティの利用を通じて真面目に働く人が正しく評価される仕組みを構築しています。

海外での展開

自動車ファナンスの世界を変える

これまで、与信審査に通過しない貧困層の方々はローンやリースでモビリティを購入をすることはできませんでした。
私たちはIoT・FinTechサービスを駆使し、世界各地でこれまでにないビジネスモデルの構築を行い、モビリティを通じて頑張る方々の伴走者としてサポートしています。

モビリティのビッグデータを活用

GMS IoTプラッフォームによりクラウド上に用途分類別に蓄積したビックデーターを、高度に分析し利用者の価値に繋がるカタチで情報提供を行っています。
特に利用者価値を図る上で金融機関が必要とする利用者の車両利用状況(業務時間・売上・走行距離・顧客評価・危険運転・支払い状況等)、をスコア化し価値化を行うことで最終的に利用者価値に繋がる仕組みを開発しています。モビリティ利用者に新たな金融サービスが提供される社会ができれば、より豊かな毎日が築け、良い社会を作る原動力を多くの方々に実感していただけると信じています。
私たちはこれまでに存在しなかった新たな切り口で、モビリティ社会を創造するゲームチェンジャーとして、ご賛同いただけるモビリティファイナンスをサポートいただける提携パートナーの皆さまと共に事業を展開してまいります。

GMSのパートナーの皆さまと、
IoT社会とモビリティの在り方を変える。

いよいよ2020年には、世界のIoTデバイス数が500億個を超える時代が到来します。

すでにフィリピンで運用されているGMSのIoTプラットフォームは、高次元のセキュリティ性を備えオープンAPIを通じ、ほぼ全ての金融機関やコンビニエンスストアの決済システムと連携し、利用者からの入金確認後、1秒で遠隔での車両制御を解除する魅力溢れるアプリケーションを備えたシステムが連日稼働しています。世界中の特徴ある様々なデバイスが、GMSプラットフォームにつながることを想定し、これまで実現が難しいとされてきた車両拡販と、確実にファイナンスを回収できるモデルを作り上げ提携パートナーの皆さまと事業モデルを構築してまいります。

私たちは世界を舞台にニーズを追求し、技術とサービスを用いた前例のない挑戦を繰り返すことで、世の中にない新たなビジネスモデルを創造し多くの人々の暮らしの質を良くするサービスに力を注いで参ります。

コネクテッド・モビリティの新時代に向けて

私たちが開発したIoTプラットフォームをベースに、独自開発の最先端デバイスを
あらゆるモビリティに搭載し社会課題と融合させることで、今までのバリュチェーンを補完する事業モデルが完成しました。

GMSが存在することで、人々の生活の質を高め、活力ある明るい社会を切り拓いて行きたいと考えています。

※音声が出ますので、ご注意ください。

ACTIVITY活動報告

  • 本社移転のお知らせ

    このたび弊社では業務拡大に伴い技術開発及びサービス業務をより一層強化充実するために本社を東京都港区に移転致しました。

  • 「THE MEET UP ピッチコンテスト」にて優勝しました。

    2017年11月4日に東京モーターショーにて開催された「THE MEET UP ピッチコンテストに出場し、優勝いたしました。

  • 東京モーターショー2017へ出展しました。

    "第45回東京モーターショー2017"へ出展し、GMSが日本及びASEANを中心に展開する独自のIoT技術を活用したFinTechサービスをご紹介いたしました。

  • 低所得者層が自動車を購入できるFinTechサービス、カンボジアに進出

    従来ローン審査に通過することの出来ない低所得者層の人々がローンを組み車両を購入することを可能にするFinTechサービスを、新たにカンボジア王国で展開いたします。2017年10月26日商業大臣出席の元、調印式を執り行いました。

  • フィリピン首都圏都市5都市目となるナボタス市と提携

    低所得者層の人々による車両の利用を可能にする独自のFinTechサービスのフィリピンにおけるサービス提供の拡大に向け、同国首都圏都市であるナボタス市と提携しましたのでお知らせいたします。この度の提携により、同国におけるGMSの提携都市は、計5都市となりました。

  • 7億円資金調達

    独自のIoT技術を活用したFinTechサービスの国内外における本格展開とIoTプラットフォームシステムの開発加速に向け、ソフトバンク株式会社、住友商事株式会社、株式会社デンソー、株式会社クレディセゾン(注釈1)、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(注釈2)、SBIインベストメント株式会社(注釈3)等(その他の事業会社は非公表)を割当先とする総額約7億円の資金調達の実施をいたしました。

  • 第4回 Rise Up Festaにて最優秀賞を受賞しました。

    2017年4月21日に開催された三菱東京UFJ銀行主催、"第4回 Rise Up Festa"に出場し、ソーシャルビジネス部門にて最優秀賞を受賞しました。

  • Morning Pitchi Special Edition2016にて最優秀賞を受賞しました。

    2016年12月14日に開催された"Morning Pitch Special Edition 2016<This is Japan!>"に出場し、最優秀賞を受賞しました。

  • IoTデバイス"MCCS"が2016年グッドデザイン賞を受賞

    GMSが独自開発したIoTデバイスである"MCCS(Mobility-Cloud Connecting System)"が、2016年グッドデザイン賞を受賞いたしました。

MEDIA PERFORMANCEメディア実績

TV東京
TBS
日本経済新聞
日経産業新聞
読売新聞
日刊工業新聞
日経BP
日経ビジネス
日経Automotive
日経コンピュータ
日経コミュニケーション
yahoo!ニュース
Response
REUTERS

PRESS RELEASEプレスリリース