Technology

 

最先端デバイスとIoTプラットフォーム技術により、
あるべきモビリティ社会を創造し未来に貢献する。

GMSの技術がもたらす社会

GMSの技術が目指す社会は、誰もが車を安心・安全に利活用できる社会です。それは、IoTを使う事で「社会中心の車のあり方」を再定義していく営みでもあります。現在到来しつつあるIoT社会は、人と車の関係を根底から変えていきます。自動運転だけが車のあり方を変えるわけではありません。むしろ、自動運転は、その変化の一つに過ぎません。  「社会中心の車」が作り出すコンテキストをデータとして収集するモデルを組み上げ、「社会中心の車」を再定義する事が技術として求められています。それは、シェアリングエコノミーもその一部ですが、車の動態を可視化し、車と遠隔でコミュニケーションするツールをIoTによって提供することによって、クルマは単なるモノとしての価値を超え、社会的な価値を持つようになります。 既にITにより実現されているものを例にあげれば、危険運転管理、渋滞緩和などで、車全体が社会のルールに沿って、その都度そのあるべき姿に近づいていくようになっているではありませんか。

少し未来の私たちの技術を紹介すると、その時、車の走行は、一つの目的を持った運行として定義することで、その運行をデータモデルに取り込み、そのモデルを社会的に意味のあるロジックやビジネスロジックで評価する仕組みを提供することを可能にします。無数の車の運行は、無数の目的の束としてデータ化され、IoTによって収集されたサイバースペース上のVirtualな世界の中に登場することになります。
その時から、SFでしかなかった未来が、私たちの近くに登場することになるのです。その姿は今後、GMSの展開を通じてご覧いただくことになるでしょう。私たちの技術とサービスは非常に魅力に満ちたものであることをお約束します。

GMSの与信審査省略モデルや遠隔制御技術は「所有から利用へ」という大きな社会の変化の中で必然性を以って受け入れられるでしょう。グローバル市場において、私たちの活動が社会に良い変化を生み出すことを、私たちは確信しています。