Technology

 

最先端デバイスとIoTプラットフォーム技術により、
あるべきモビリティ社会を創造し未来に貢献する。

ハードウェア技術

GMSのDeviceは独自開発した技術の結晶ですが、サービス系CPUと監視系CPUの2CPU構成、3G通信モジュール搭載、OBDを使わない独自デバイスとの接続接続、24時間センシング、アクチュエータを介した車両の遠隔制御、HTTPの標準プロトコルによる接続、堅牢なセキュリティ等の特徴があります。
また、車載機用の高度加速度センサーやGPSモジュールを実装しており、端末単体で、車両の位置情報や危険運転情報を取得することが可能です。

車速コントロール、
エンジンON/OFF制御等、
多様な遠隔制御が可能
多彩なインターフェイスを搭載し、
あらゆる情報のセンシングを実現
自動車やバイクを始め、
工作機械、事務機等
多くの機器に後付けで搭載可能

2G/3Gモジュール搭載

MCCSには、通信モジュールが搭載され、2G/3G通信をリアルタイムで行う事が可能です。低コストネットワークのLTE-MやNB-IoTなどの独自技術開発も積極的に行っております。GMSはMVNO事業者でもあり、キャリアのSIMに対してもビジネスシーンを見据えた上で、グローバル市場で効率的に選択する事を可能にしています。

非OBD接続と独自デバイスとの接続技術

GMSのDeviceは、車両から情報センシングや制御を、OBDを介さず物理的にデバイスとの接続技術を活用し、車両から直接情報を取得する形を採用しています。例えば車速パルスをとるために、車速用のCHIPを内蔵しており、また、アナログセンサーから燃料残量を取得することなど、多様なセンシングを実現しています。
これらはGMSの強みである、自動車技術開発思想と経験があって始めて実現するものです。専用デバイスとの接続技術の設計にはこれまでのあらゆるノウハウが注がれ、全ての車種の80%には、共通デバイスとの接続技術として使用できるよう共通化することに成功しています。

遠隔制御とフェール・セーフ

GMSDeviceの遠隔制御は、GMSIoTプラットフォームと密結合することにより可能となっており、その仕組みの代表的な応用例は、エンジンをかからなくする技術です。もちろん安全面を第一に考えた設計となっており、走行中に車両のエンジンを制御するなどと言う危険な制御はシステム上不可能な仕様としています。端末側で、車両やエンジンの状態を監視しつつ、安全制御を常に行っているからこそ可能な技術です。
その他にも端末を不正に抜去した場合の緊急アラームを発報し、同時に車両制御が行われるという車両盗難対応も実現しています。
また、様々なフェール・セーフ機能を始めとする独自開発機能が、お客様に安心いただける安全なカーライフの実現をサポート致します。

車両デバイスとの接続技術

車両デバイスとの接続技術の技術は、GMSが誇る技術の一つです。専用デバイスとの接続技術の実装によって、装置が外された場合のシステムへの指示内容を、様々なケースに応じて変更することを可能にしています。
また、ECUを介さずに車両の各種センサー情報を取得することを実現しています。

セキュリティ

GMSのDeviceは、堅牢なセキュリティに守られており、IDとパスワードに関しても機器固有の情報をベースに生成したものとし、外部からの侵入が不可能なシステムになっています。また、万が一の外部侵入に備え、監視用CPUでコードの改変を検知する仕組みも実装しています。