Technology

 

最先端デバイスとIoTプラットフォーム技術により、
あるべきモビリティ社会を創造し未来に貢献する。

テクノロジー

IoTプラットフォームシステムを活用した、様々なモビリティIoTサービスを展開。
モビリティの遠隔制御、車両状態や走行情報のセンシングを通じて、モビリティを確実な保全を実現すると共に、ファイナンスの与信審査に通過することの出来ない新たな社会人や、事業開始からの経過期間が短い事業者様方が活躍することのできる社会づくりを、一億総活躍時代に不可欠な与信審査省略ファイナンスを実現するサービスの提供を通じてサポートしてまいります。

GMSの技術思想

「クルマ」のあり方が変わる

「第四次産業革命」で最も注目されるテクノロジーがIoT技術。2020年には500億個のデバイスがインターネットに接続される時代となり、これまでは決してIT融合することのなかった分野に対して、相互コミュニケーションが図られることで、業界の垣根を越えた情報の価値化が実現し、より多くの人々の生活が豊かになるサービスが創出されていきます。これまでの時代と違い「クルマ」のあり方も大きく変わっていくでしょう。クルマ単体が価値を生む時代から、クルマを利活用したサービスが価値を生む時代へと変遷する中、今後は広範囲の分野において「IoT時代のモビリティ」が求められ、技術の革命がビジネスの形やカスタマーエクスペリエンス、そしてライフスタイルを常に変化させていきます。

IoT時代に相応しいコンセプトとアーキテクチャを実現

GMSは「IoT時代のモビリティ」において、「Mobility」と「人」を繋ぐネットワークにフォーカスしサービスを提供しようとしています。GMSの技術は、まさにIoT時代に相応しいコンセプトとアーキテクチャを実現しています。インターネットそのものである「ネットワークの構造」すなわち「スケール・フリーネットワーク」は、GAFAと呼ばれるGoogle、Apple、Facebook、Amazonが爆発的に普及したプラットフォームの構造なのです。それらの起源である「ネットワーク理論」として知られるものは、18世紀の数学から始まりました。その特徴は、数学をベースとした物理学はもちろん、脳細胞のニューロンの構造や電力ネットワークの配電網の構造、社会と人の距離の関係に至るまであらゆる全ての「本質的な構造」を成しているのです。

GMSのIoTプラットフォームは、車を購入したくとも手に入れることができない人々に車の利用機会を提供する「ファイナンスの与信審査省略」を実現する技術はもちろんですが、車両状態をセンシングする技術に至るまで、深い技術的な知識と、インターネットを中心として進化したネットワークの思考をベースに、完成度の高いシステムとして仕上がっています。