プレスセンター

自動車業界の概念を覆すプロダクト・サービスを決定する東京モーターショー THE MEET UPピッチプレゼンにてグローバルモビリティサービスが優勝
2017年11月5日

Global Mobility Service株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員/CEO:中島徳至、以下「GMS」)は、東京モーターショーにて開催された「THE MEET UP ピッチコンテスト」(以下、ピッチコンテスト)にて優勝しましたことをお知らせいたします。

「ピッチコンテスト」

【ピッチコンテスト 当日の写真】

 本ピッチコンテストは、一般社団法人日本自動車工業会が主催、株式会社ニューズピックスが共催、デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社の協力で東京モーターショーにて開催された、自動車業界の概念を覆すような先進性・革新性溢れるプロダクトやサービスのNo.1を決めるコンテストであり、全50社からファイナリスト5社が選ばれ、2017年11月4日に行われた決勝プレゼンテーションを経て、各大手自動車メーカーの責任者を含む審査員による審議の結果、GMSが優勝いたしました。

  【ピッチコンテスト審査員】
・トヨタ自動車株式会社
・本田技研工業株式会社
・日産自動車株式会社
・株式会社SUBARU
・三菱ふそうトラックバス株式会社
・佐々木  (NewsPicks編集長)
・落合陽一(筑波大学学長補佐)
・杉江理(WHILL, Inc. CEO )
・デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社

 GMSは独自のIoT技術を活用し、「これまでローンを組むことができなかった人でもローンで車を購入し、車を必要とする仕事に就くことができるようになる」FinTechサービスを国内外で提供しています。そのサービスの先進性と革新性、及び社会変革の高い目標に向かって事業を進める中、着実に東南アジアを中心にBOP(Base of the Pyramid)層へのサービスが浸透している点等が評価されました。

 世界には自動車購入時のローン審査に通過できないために車を購入できない人々が20億人も存在し、車がないために仕事を行うことができないという方々が数多く存在します。
 これらの人々に車を購入する機会を提供するビジネスモデルで、雇用の創出や所得の向上を日本、フィリピン・カンボジア等を始めとする各国において事業を展開しており、今後広く世界の社会的課題解決に向けて取り組んでまいります。

 どうぞGMSの今後の取り組みにご期待ください。